おいしさが、超えてゆけること。モランボン 焼肉のたれジャン

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  HOME ジャンのこだわり 商品ラインアップ ジャンのおしいい歴史 もっと焼肉ツウ ジャンの旨レシピ 松木監督の一押し よくある質問Q&A  
ジャンのこだわりタイトル
>トップ>ジャンのこだわり
  こだわりTOP こだわり製法 こだわり厳選素材 こだわり食べ方  
 
 
名前の由来
 

「ジャン」を漢字であらわすと「醤」。
韓国・朝鮮の薬味・香辛料を総称して薬念[ヤンニョム]といい、
その薬念を用いて料理ごとに作る、合わせ調味料のことを薬念醤[ヤンニョムジャン]といいます。
これが「ジャン」の名前の由来です。

 
 
         
ジャンがおいしい理由
無添加
 
生パック
 
本格焼肉
素材本来の旨みをおいしく味わっていただくため、化学調味料・保存料無添加にこだわっています。
 
焼肉のたれのおいしさは薬味・香辛料の風味にあります。その風味を生かすために生パック(非加熱)製法を取り入れています。
 
本格的な焼肉屋さんの味を家庭で楽しんでいただきたい。
そんな思いから肉をたれにからめて焼く、肉のおいしさを引き出す焼肉屋流を提案いたします。
         
 
  ジャン 焼肉のたれ
 
  焼肉屋さんのたれづくりを再現した「生パック製法」により素材の鮮度とおいしさを大切にし、化学調味料・保存料は使用せずに厳選された素材だけを使用しました。
お肉を焼いたときの香り、口に入れたときの風味が違います。
ジャン 焼肉のたれ
  焼肉屋さんのおいしさをご家庭にお届けするために
ジャンは原材料にこだわり続けています。
  薬念(ヤンニョム) 薬味・香辛料をブレンドして旨みを引き出す韓国・朝鮮料理の味づくりの基本である薬念(ヤンニョム)。味のポイントとなるにんにく、ねぎ、生姜の風味を大切にしています。
  醸造 醤油・みりん・酒は、伝統製法に基づき、品質の高い醸造蔵で丹念に造られています。
自然の旨みのある原料を厳選して使用しています。
  調味料 にんにく、ごま油、唐辛子は韓国・朝鮮料理の三大調味料と言われ、複合の味づくりにかかすことができないこれらの原料を厳選し、使用しています。
 
  塩ジャン 焼肉のたれ
 
  ジャンだからできた、圧倒的なフレッシュ感。
イタリア産レモンを加え、よりあっさりとした後味に仕上げました。
風味、香り、鮮度にこだわったジャンならではのフレッシュな塩だれです。
塩ジャン 焼肉のたれ
  生パック製法のモランボンだからできる3つの生きる!
塩ジャンは素材のおいしさを引き立てます。
  香りが生きる ごま油、薬味(ねぎ・にんにく・生姜)、レモンの香りにこだわりました。
原料を加熱しないで加えているので、香りがフレッシュです。
  食感が生きる 野菜をそのまま加えているので、シャキシャキとした食感がアクセントになっています。
  素材が生きる 酸味や苦味を含む岩塩は肉との相性も良く、味を引き立てます。
また、肉の味のを引き出すかくし味としてアンチョビを使用しています。
 
 
いろいろなお肉で!
 
  みそジャン 焼肉のたれ
 
  ジャンのおいしさ(生パック、化学調味料・保存料無添加、本格焼肉)で家庭の焼肉がワンランク上になる濃厚みそ味の焼肉のたれです。
みそジャン 焼肉のたれ
  米こうじ味噌、白味噌、2年熟成味噌をブレンド。
からめてから焼くことで、味噌の旨みが肉にしっかりとつき、濃厚な味わいが楽しめます。
  薬念(ヤンニョム) ジャンの最大の特徴である「非加熱・生パック製法」を踏襲。
加熱をしていないのでフレッシュなおいしさが楽しめます。
  醸造 味噌は複数使用することで旨みやコクの幅が増します。
特徴の異なる味噌を使用した、濃厚な味わいです。
  調味料 豚肉に合うように、にんにく、ごま油、生姜を加え、風味よく仕上げました。
からめてから焼くことで肉のおいしさがアップ。
豚肉の他、鶏肉、ホルモン、牛肉などでもおいしく召しあがれます。
 
ページのトップへ