おいしさが、超えてゆけること。モランボン 焼肉のたれジャン

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  HOME ジャンのこだわり 商品ラインアップ ジャンのおしいい歴史 もっと焼肉ツウ ジャンの旨レシピ 松木監督の一押し よくある質問Q&A  
ジャンのこだわりタイトル
>トップ>ジャンのこだわり>本格焼肉
  こだわりTOP こだわり製法 こだわり厳選素材 こだわり食べ方  
 
ジャンの特徴は、本場韓国・朝鮮の技法に基づいたこだわりの味づくりにあります。
たくさんの薬味や香辛料をブレンドするのが特徴です。
本格的な焼肉屋さんで味わうたれを家庭でも楽しんで頂きたい。
ジャンの原点は、焼肉屋さんのたれづくりをそのまま再現するというコンセプトにありました。
本格焼肉
 
2度づけ焼肉
焼く直前にお肉にジャンを軽くからめ、さっと焼くのがポイント。焼いたらまたジャンにつけていただきます。
焼肉屋さんのおいしさが楽しめるモランボンおすすめの食べ方です。
 
おいしいステップ1:お肉にからめる
  空白  
01 お肉に旨みが加わりおいしさを引き出します。
空白
醤油ベースのたれでからめると肉に足りない旨みを補えます。醤油のグルタミン酸とお肉のイノシン酸の相乗効果でおいしさが引き出されます。
空白
02 お肉の臭みを抑えておいしい香りのもとになります。
空白
にんにくや生姜、コショウ、ねぎなどの薬味・香辛料が肉の臭みを抑えます。また、ジャンに含まれる糖分とアミノ酸が加熱されると、おいしい香りの素になります。
空白
03 お肉がやわらかくなります。
空白
からめることでたれが肉の旨みをとじ込めるため、焼いたときも食感が柔らかくジューシーになります。
「からめて」のイメージ
空白
からめて
     
 
お肉を焼く
     
01 一度に大量のお肉は焼かずに少しずつ。
空白空白
02 お肉の旨みを閉じこめるために高温で。
空白空白
03 プレートはこまめにふきとります。
「焼いて」のイメージ
空白
焼いて
     
 
お肉にたれをつけて食べる
  つけたれの役割
 
01焼けたお肉の粗熱を取ります。
空白
02フレッシュでスパイシーな味の深みづけをします。
「つける」のイメージ
空白
つける
     
 
つけだれ焼肉
素焼きにしたお肉をたれにさっとつけてお召し上がりください。
薄めのお肉におすすめ。
ピーマン、玉ねぎなど野菜の香りや甘みがよりいっそう引き立ちます。
 
お肉に   ピーマンに   玉ねぎに
お肉に   ピーマンに   玉ねぎに
 
 
ページのトップへ